胡蝶蘭の栽培では寒さに弱いことを認識しておきましょう

花を贈られて嬉しくない人は沿ういませんが、そのシーンに合わせた花コトバの花を選ぶことで、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。

たとえば、美しく高級なイメージのコチョウランはよく門出などで贈られますが、胡蝶蘭共通の花言葉、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、色別にそれぞれの花言葉をもっています。胡蝶蘭に限った話ではありませんが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、単に花を贈るというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。

チョイスするコチョウランの価格は、 相手のシーンや、先方との関係性によって変わります。

気軽なプレゼントであれば数千円の安いものでも良いですし、しごと関係であれば大倫の3本たて胡蝶ラン以上を選ぶのがマナーです。どちらにしろ、胡蝶蘭の価格がフラワーショップ(小売店)より安いのが通販で、時には6割ほど安く購入出来たりします。

ウェブ販売では卸売市場を経由しないい店が多く、栽培農家からの産地(震災後は特に気にする人が多くなっているようです)直送がおおいためです。

花を送る際、花の印象をさらに良くするラッピングが欠かせません。

たとえば、ラッピングを赤にするとゴージャス印象になるし、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。

評判の良いフラワーギフトの通販店は、殆どの場合、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。

花を送る際のメッセージカードなども、通常セット内にふくむ通販ショップが多くなってきています。

色んな場面で胡蝶蘭を贈りますが、祝いのシーンだけでなく、お悔やみのシーンでも見られます。胡蝶蘭という花は、悲しい気もちをいやしてくれると言われていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。

世界に胡蝶蘭が広まる歴史の始まりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、いろんな品種を探すきっかけになり、胡蝶蘭の原種を発見する事になったわけです。

お花を通販で注文するなら、やっぱり、生産者である栽培園から直接発送する、生産農家直送を採用している通販店が良いはずです。何故、産地(震災後は特に気にする人が多くなっているようです)直送が良いかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、花の鮮度がとても良いことと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。胡蝶蘭の通販も同じで、生産者から直接届く、産地(震災後は特に気にする人が多くなっているようです)直送が一番のおすすめになります。お祝いに贈る花としてコチョウランが人気なのはりゆうがあります。

例をあげると、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日もちの良さも挙げられます。普通の花束は、数日から1週間程度しかもちませんし、沿ういった意味でも、1ヶ月から2か月も日もちする胡蝶蘭が人気なのです。門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、やはり、胡蝶蘭(コチョウラン)を選ぶ人が多いわけです。胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、ほとんど手間がかからないんです。

1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。

ただ、寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。

後それから、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所は選んであげましょう。

携帯でネットが出来るようになった昨今では、花の贈り物の通販も、現在は携帯端末から利用できるはずです。しかも、細やかなサービスも充実しているので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。

お届けにについても沿うで、国内スピード配達や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。

花ギフト通販も随分と身近になりましたね。

胡蝶蘭の栽培方法ですが、寒さに弱いのは、認識しておきましょう。

原産地(震災後は特に気にする人が多くなっているようです)は熱帯地域ですが、木漏れ日の当る日陰に育った花なので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。

人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、風通しが良い場所に置いてあげましょう。

水やりは頻繁にする必要はなく、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。

知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶ランですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。

インターウェブが身近になった近年、通販の専門店を使う人の割合も増加し、胡蝶蘭(コチョウラン)をあつかう通販ホームページもサービスが向上しています。東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、日本に渡ってきたのは明治時代だ沿うです。

まるで蝶々の様な美しい花ビラをもつところから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、胡蝶蘭の美しさや高級感が贈り物として浸透した要因でしょう。胡蝶ランにもいくつか種類がありますが、 分け方として、花のサイズ別によるものが挙げられます。開業祝いや結婚式で一番目にするのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。逆に、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、花のサイズが小さく、価格もお手頃なミディという種類があります。どれをチョイスるかですが相手先の場面や関係性でふさわしいものが決まります。入院患者のお見舞い(ケガや病気をしている人を訪問することをいいます)に、 心を温かくしてあげる意味で、花を持っていくのは良いですが、鉢植えの花は「根を張る」という意味合いでNGです。

胡蝶蘭をお見舞い(ケガや病気をしている人を訪問することをいいます)で持参したい時は、花束にアレンジするなどして、根が付いた状態で相手に贈らないように気を付けましょう。そこさえ気を付ければ、コチョウランは花粉もニオイも少ないですから、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。

購入はこちら⇒胡蝶蘭 通販 産地直送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です