マヌカ蜂蜜ですがマヌカの木(学名:ギョウリョウバイ)についてはオーストラリア原産

ニュージーランド原産のマヌカ蜂蜜ですが、マヌカの木(学名:ギョウリョウバイ)については、オーストラリア原産だという事実を、植物学者が発見しました。

「マヌカ」は、ニュージーランドのマオリ語ですが、同じ種の植物から摂れる蜂蜜ということで、マヌカハニーというブランド名の使用権をもとめています。

ただし、現段階では、システマチックにブランドを管理しているニュージーランドのみが、信頼できるマヌカハニーと言えるでしょう。

通常の蜂蜜とマヌカハニーは何がちがうのかと言えば、菌活性成分である天然メチルグリオキサールが含まれることです。一般的なはちみつにも過酸化水素に由来する抗菌成分が含まれますが、ピロリ菌などをもやっつける、マヌカ独自の強力な殺菌作用を有しています。生産国であるニュージーランドだけでなく、世界各国で、殺菌作用が一定レベル以上のマヌカ蜂蜜を、医療むけ蜂蜜として定義づけし、メディカルの現場で患者さんに処方されています。次々に耐性をつくる細菌にも効果的で、細菌がマヌカハニーには耐性を発揮できないとの事実も分かってきました。
赤ちゃんには蜂蜜を与えないようにしましょう。ボツリヌス菌という細菌が混入してることがあって、乳児ボツリヌス症を発症する危険性もあるでしょう。

腸内細菌が整っている大人であれば、ボツリヌス菌が無効化され安全ですが、未発達な腸内環境のお子さん(1歳未満)は、ボツリヌス菌をやっつけることが出来ないので、厚生労働省からも一歳未満のお子さんに、蜂蜜を食べ指せないように言っています。

スーパーハチミツとして話題のマヌカハニーも一緒で、1歳になっていない子一緒には食べ指せないでちょーだい。

マヌカハニーなら殺菌力が強いため5歳を超えたくらいが無難です。高品質なハチミツの条件と言えば、無添加で、加糖などをしてないこと、それと、熱を加えるような加工を行っていないことなどです。

簡単に言えば、自然の摂理に逆らうような、加工をおこなわない純粋なはちみつが最高だということです。ハチが集めたミツを抽出し、じっくりとろ過したものが最高です。NEW ZEALAND産のマヌカハニーも同じで、高品質で値段の高いものは、純粋なマヌカハニーになります。話題になっているマヌカハニーですが、偽造品や品質の悪い偽物が半分以上だと言われてます。
マヌカハニーで本物と呼べるのは、マオリ語でマヌカ(学名:ギョウリョウバイ)といわれる木の蜂蜜だけで、マヌカハニーにしかない強力な抗菌成分が入っています。

生産量も少なく、普通の蜂蜜と比較しても割高になってきます。

このため、偽物や抗菌作用を偽証して販売する業者が増え、何も知らずに購入する消費者も多いようです。

臓器移植をされた方は、はちみつを食べないようにしたほうが良いです。

というのも、免疫抑制剤を服用しているからです。免疫細胞の活動を抑える理由ですから、もし、ボツリヌス菌が入っていても対処できないためです。
端的に言うと、腸内細菌が発達していないおこちゃまと同じように、ボツリヌス症になってしまいます。付け加えておくと、人気のマヌカハニーにも全く同じことが言えます。

参考にしたサイト⇒ニュージーランド産マヌカハニーのおすすめ店ランキング 最新版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です